• 敏感肌の化粧品選びのポイント

    敏感肌は、皮膚のバリア機能が低下しているために、外部からの刺激に対して痛みやかゆみなどを過剰に感じる状態の肌です。

    加齢や乾燥などにより、お肌の水分量が酸くなっていることが大きな原因です。

    間違ったスキンケアも要因の一つです。


    お肌の角質層の水分の約50%はセラミドなどの角質細胞間脂質ですから、セラミドを置く配合した化粧品が有効です。
    また、コラーゲンやヒアルロン酸なども減少している可能性が高いので、これらを配合した化粧品を使用することにより、ハリや弾力を取り戻すことができます。敏感肌は乾燥しやすい化粧水や乳液タイプよりも、保湿性に優れたクリームやワセリンなどのほうが、お肌の潤いを保つのにいいようです。



    アルコールを含んだ化粧品は、乾燥を促進させますので避けてください。


    ファンデーションは、パウダータイプがおすすめです。



    リキッドタイプやクリームタイプのほうが保湿ができていいように思われますが、界面活性剤が多く使用されており、お肌に刺激となります。
    パウダータイプでも保湿成分を配合したものがありますので、成分を確認の上選んでください。敏感肌は、生まれつきの体質によるものもありますが、多くは生活習慣の乱れによるお肌の乾燥が原因です。

    敏感肌の化粧品の口コミにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

    ストレスや喫煙、過度の飲酒や間違ったスキンケアなどです。


    生活習慣を見直すと同時に、十分な保湿が重要です。
    また、化粧品を使用するときには、叩いたり、強くこすったりすると、刺激になりますので避けましょう。

    両手に化粧品を伸ばし、手の温度で温めながら、手で顔を覆うようにします。
    手の温もりで、肌に浸透させるようにすることが、お肌への負担をかけない、有効成分を浸透しやすくする方法です。